人探し 水戸

水戸で人探しを探偵事務所の頼む時の探偵事務所の選び方

 

水戸で人探しを探偵事務所をいかに決めればいいか悩んでいるあなたへ。

 

水戸で人探しを探偵事務所に調査を頼みたいと思っても探偵事務所は馴染みのクリニックのように日常的に利用することがないのが一般的です。日頃から利用することが無いためいざ自分で探偵事務所を探そうとすると探偵事務所を選ぶ時、失敗したくないと思うので、大勢の人が悩んだり途方にくれたりします。そこで、きちんとした探偵事務所を選びたい時は絶対チェックしたほうが良い重要な箇所があります。このページでは水戸で探偵事務所を選ぶ時に確かめるポイントや、水戸で最高の調査技術を持つ探偵事務所を分かりやすく紹介いたします。是非、人探しを依頼する探偵事務所を決める時の参考にして頂ければ幸いです。

 

1.探偵業届出証明書を確認する

 

探偵事務所を始める場合、公安委員会(警察)に探偵業の届け出が法律できちんと義務付けられています。この探偵業の届出を行い公安委員会から交付される証書が「探偵業届出証明書」になり、この探偵業届出証明書ですが事務所内の見やすい所に掲示するよう義務付けられています。そこで、探偵事務所に伺った時には義務付けられている通りに探偵業届出証明書がよく見える場所に本当にあるのか入ったらチェックしてください。もし事務所や営業所に訪問した際、探偵業届出証明書が見つけられない場合は、探偵業の届け出を出さず営業している無許可の探偵業者場合があります。この様な届出のない違法な探偵に依頼してしまい被害にあうケースが増加しており関らないように注意して下さい。

 

2.過去に行政処分を受けた行政処分者ではないか

 

探偵事務所は探偵業法に違反していた場合、公安委員会より業務廃止や業務停止の行政処分を出します。実際にはどのような違反例があるか説明します。

 

●探偵業法違反(無届け営業) 福岡県警が福岡県で法律で定められている届け出を公安委員会に行わないで探偵業をした為に無届け違反で逮捕者が出ています。

 

●営業停止命令(不法侵入等) 東京の探偵業者が他人の不倫現場を押さえようと自ら設置したデジタルビデオカメラを回収するために他社のマンション敷地に勝手に侵入した住居侵入により営業停止命令を受けました。

 

●営業停止命令(重要事項説明書面の不交付) 探偵業者の違反で最も多い違反が今回紹介します書類関係の違反になります。 東京都世田谷区の探偵業者が依頼人に対しては契約前に渡すことに探偵業法で定められている重要事項説明書の書面を交付しなかったという重要事項説明書面の不交付で営業停止を受けました。

 

●逮捕(虚偽記載) 公安委員会に提出する履歴書に卒業していない都内の有名私大名や就職していない大手会社など虚偽の職歴や学歴を書いた探偵業法虚偽記載で逮捕されました。 今まで営業停止や指示など行政処分を受けた処分情報は3年間公表されます。公表ページは、驚かれるかもしれませんが47都道府県全てで有る訳ではないので必ず各公安委員会や県警察運営の公式ホームページを見て行政処分された探偵業者情報掲載があるかチェックしてみましょう。もしも確認して自分が利用する都道府県の県警察などの公式ホームページに行政処分された探偵情報掲載が見つからない時には水戸地域の県警察などに電話して水戸の探偵事務所に行政処分があったかなかったかを必ず確認してください。

 

今回ここで紹介しました行政処分があった探偵事務所と関わってまうと騙されるようなことが考えられます。関らないように注意して下さい。