行方調査 水戸

水戸の行方調査を頼む探偵事務所をどの様な視点で決めるべきかお悩みの方へ。

 

水戸で行方調査を探偵事務所に調査をお願いしたいと思っても探偵事務所は馴染みの歯科医院みたいに普段の生活の中で依頼することは皆無なのが普通です。

 

普段から利用することがないため自分がいざ探偵事務所を探そうとすると探偵事務所選びで自分は失敗して騙されなくないと思うので、大勢の人がどう決めたらいいか決めきれなかったりする訳です。

 

そこで、行方調査を信頼できる探偵事務所を選びたい場合は確認すべき重要な点がいくつかあります。

 

ここからは水戸で行方調査を依頼する探偵事務所を探す時に知っておいて欲しいポイントと、水戸で一流の調査力を持つ探偵事務所を分かりやすくご紹介しております。

 

是非、あなたが探偵事務所を決める際のご参考にして下さい。

 

1.探偵業届出証明書を持っている

 

探偵事務所を営むにあたり公安委員会(警察)に探偵業の届け出を出して下さいと法律で決まっています。この届出をすることで交付された証明書が「探偵業届出証明書」と言い、この交付された探偵業届出証明書は営業所内のすぐ分かる所に掲示するように決まっています。そのため是非探偵事務所に訪問した際にはちゃんと探偵業届出証明書が見やすい位置に置いてあるのか入室したら確認するようにしましょう。万が一事務所に行った際に探偵業届出証明書が掲示されてない場合、届け出を出さず営業している違法な悪徳探偵と判断出来ます。この様な無許可営業の悪徳探偵と関わってまうとトラブルに遭うケースが増加しており関らないように注意して下さい。

 

2.探偵業法違反などの処分を受けた探偵でないか

 

探偵事務所は探偵業法に違反していた場合に公安委員会より指示や業務廃止の行政処分をします。過去にどんな違反ケースがあるか説明します。

 

●探偵業法違反(無届け営業) 福岡県で探偵業の届出を公安委員会にせずに探偵業をした為に探偵業法違反(無届け営業)で逮捕されました。

 

●営業停止命令(不法侵入等) 東京都渋谷区にある探偵業者が他人の不倫現場を撮影するため自分で設置したデジタルビデオカメラを回収する目的で他人のマンション敷地に無許可で侵入した住居侵入により営業停止命令を受けました。

 

●営業停止命令(重要事項説明書面の不交付) 探偵業者の違反で割合が高い違反がここでご紹介します書類不備関係です。 東京の探偵業者が依頼者には必ず交付しなくてはいけない重要事項説明書の書面交付しなかったという重要事項説明書面の不交付違反で営業停止を受けました。

 

●逮捕(虚偽記載) 公安委員会に出す履歴書に本当は卒業していない有名大学名や勤めていない会社など嘘の学歴や職歴を書いた探偵業法虚偽記載違反で逮捕されました。 今までに営業停止といった行政処分を命じられた処分の情報は公表期間は3年になります。公表ページは47都道府県全てで用意されてはいないので必ず警視庁や各公安委員会運営の公式サイトを見て行政処分された探偵情報があるか確認してみましょう。確認してみてこれから自分が依頼したい県の都道府県警察等のホームページに行政処分情報掲載が見当たらない場合には水戸を管轄している警察署などに電話して水戸の探偵事務所で行政処分があったのかを直接確認しましょう。 いままで紹介しました行政処分のあった様な探偵事務所に関わってしまいトラブルに遭う事も考えられます。ご依頼やご相談をするのは絶対に止めましょう。